法律は自由に使える道具と考えれば良い

便利な道具は使えば使うほど生活を豊かにしてくれて、楽にしてくれます。
電化製品でもスマートフォンでも、使う前と使った後ではその違いがはっきりしています。
道具は使えるようになるまでは大変時間がかかり、知識を学び使える技術も学ぶ必要がありますが、使えるようになれば非常に楽ができます。
法律も同じように考えると、生活を楽にする道具と呼べるでしょう。
道路交通法や刑法などは罰則の意味合いが強いので、あまり関係がないと考えられがちですが、これらを勉強しておくことで損をする確率が低くなります。
警察は犯罪を犯す人間を取り締まりますが、ルールを守っている人を保護してくれるので、法律を守ることはすなわち社会の中で自由に生きられることを意味します。
法の専門家はこれを経済などに応用し、大きな利益を出したり税金を軽減させたりできるため、生き方の幅が広がるわけです。
世の中はルールがいっぱいですが、それらを学び使いこなせば、とても生きやすくなります。

大坪律己
代表取締役大坪律己 求人情報検索結果・求人情報一覧

大内 徹
当科医師のご紹介

代沢インターナショナル
羽根木インターナショナルプレスクールの入園に関する情報はこちら

大坪律己
Beautiful HD Earth Planet Rotation Loop

ブレインアカデミー
教育領域への就職・転職に関し て専門的にアドバイスできる数少ないエージェントです。

最新記事