意外と知られていない弁護士の仕事

ドラマなどのフィクションの話では弁護士は困っている人の味方、弱者の味方という描かれ方をしていることが多いです。
しかし実際にはそれはキレイ事であり、弱者の味方になってくれるということはないと言えるでしょう。
状況からして勝算が高い訴訟内容であっても、高額報酬を支払ってくれそうもない依頼人の仕事を断ることは当たり前のようにあります。
慰謝料請求を行なった場合、請求金額よりも弁護士費用が高く鳴ってしまう場合には赤字になるので、訴訟を起こすことそのものを止めるように進言をする弁護士もいます。
結局は報酬のため、お金のためにしか動かないということです。
法律を勉強している時にはお金のことを考えるということはないでしょう。
ドラマや映画などのフィクションの話に憧れて弁護士を目指すという人も多いです。
社会的地位が高いから、ということもあるでしょう。
しかし本来の姿は悪意のある人が多いのが事実です。
憧れ対象にはならない仕事であると言っても過言ではありません。

最新記事